クッキングプロ愛用の私がティファールクックフォーミー3ℓを使って感じたメリット・デメリット

クックフォーミークッキングプロ

2年以上クッキングプロを毎日のように愛用している私がティファールクックフォーミー3lを使って思ったメリット・デメリットを紹介します。

結論から言うと、めちゃくちゃすげーやん!と思ってしまいました。
そう感じたのは、やっぱりクッキングプロの電気圧力鍋を使い倒してきた経験から。

どんな点が具体的に「すげーやん!(メリット)」と思ったのか、あと、「オシイ!(デメリット)」と思った点を紹介します。

【メリット1】クックフォーミーは便利だけど大きすぎが解消されたミニ

発売された当初は、クックフォーミーは便利だけど大きすぎる!と言われていたのですが、こちらのミニサイズが登場し、サイズ感も2~4人サイズでちょうどいいという印象です。
クックフォーミー
サイズは電気圧力鍋でもコンパクトと言われるクッキングプロとあまりかわりません。

やっぱり収納を考えると大きさは大事ですね!

どの家庭も炊飯器くらいまでの大きさが許容範囲だと思うのですが、クックフォーミー3Lはまさに、炊飯器サイズ。

キッチンラックに無理なく収まるサイズでよいと思います。

【メリット2】内蔵レシピが210種類もある

私はInstagramで電気圧力鍋のレシピを公開しているのですが、こういったコメントをよくもらいます。

電気圧力鍋のレシピの幅が広がらず困っていました。」

レシピ本以外、どう電機圧力鍋を活用したらいいのかわからない。」

と、

そうなんです。

みなさん、電気圧力鍋は便利だから買うのですが、
使いこなせないという悩みがでてくるんです。

でも、クックフォーミーでれば、搭載レシピが210も掲載されていて、(あとで私が作った料理も紹介します)レシピ通りにすれば、本当においしく簡単に仕上がります。

電気圧力鍋のレシピをユーチューブTwitterInstagramで紹介しています。ぜひフォローよろしくお願いします!

【メリット3】さらに、液晶パネルで手順を確認できる

クックフォーミーでは、液晶画面に料理の材料や手順が確認でき、初めてでもいつどのタイミングで材料を入れればいいのか、丁寧に教えてくれます。

パネルが親切

電気圧力鍋がはじめての方にはとても親切だと思いました。

【メリット4】材料も2人か4人か選べて、分量も表示

これもよく質問をいただくのですが、

レシピで分量を変えたとき、調理時間や調味料の量、水の量はどうすればいいわかりません。」

と。

クックフォーミーでは、材料も2人か4人か選べて、人数に合わせて分量も表示してくれます。これなら迷うことがありません。

材料も2人か4人か選べて、分量も表示

【メリット5】蓋の置き場に困らない

蓋にも注目したいのですが、鍵つきマークから鍵のついていないマークの方へくるっと回しすと、蓋を開けることができます。
本体と蓋がついた状態になっているので蓋の置き場に困りません。

クックフォーミーの蓋

ちなみに、クッキングプロは蓋が取れるタイプです。

【メリット6】自動で圧力が抜ける

自動で圧力が抜けます。
通常だと、強制減圧したり、自然減圧まで待ちますが、クックフォーミーは、自動で圧力が抜けるようになっています。

自動で圧力が抜ける

強制減圧するときってけっこう火傷しないように緊張しながら減圧しますが、
自動減圧なので、自動で圧力が抜けます。

「圧力鍋は蒸気がちょっとこわいかも。」と思っている方も、クックフォーミーなら怖くないと思いますよ。

【メリット7】プリンを作ってもスができない

これってすごいことなんです。
圧力鍋でプリンを作る場合、微妙な加圧時間の調整が必要で、プリンにスが入ってしまうことがあるんです。

プリン

クックフォーミーで2回プリンを作ってみましたが、自動レシピでつくると本当になめらかなスの入っていないプリンができました。

しかもめちゃくちゃおいしい!!
これは、すごい!」と思わず言っちゃいましたよ!

【メリット8】ローストビーフも絶妙は火加減

電気圧力鍋でローストビーフを作ると、中まで火が入り過ぎて硬くなってしまうことがあります。

ところが!!

クックフォーミーのローストビーフの仕上がりの写真をみてください!

ローストビーフ

もう少し火を入れたい場合は、保温状態でキープしておけばOK!私は圧力調理終了後にすぐに取り出しました。

私はちょっとレア感が入った状態が好きなのですが、レア感があるけど、完全にレアではない絶妙の火の入り方です。まさに私好みに仕上がりました。

しかも2分間の加圧だけで、あっという間にできます。

手間がかかるローストビーフも手間なくあっという間に、しかもおいしくできるんです。
本当にすごい!

【メリット9】炒め機能がついている

炒め機能もついてるため、今回のローストビーフを作る時も別鍋で焼きめをつける必要がなく、これひとつで完結することができました。

ローストビーフ
調理が終わった後は、排気まで自動で行なってくれるので優秀です。

 

【メリット10】内鍋もこびりつきにく

セラミックコーティングを施されていてこびりつきにくい。これ大事ですね!

 

【メリット11】さらに取っ手がついて便利

取っ手熱くなった鍋を持つときに、取っ手がついていて熱くないのがとてもよいです。
別の容器に移し替えたり、さっと洗い流したいときに、鍋つかみを必要とせず、さっと内鍋を持てるのがとてもいい!!

【メリット12】予熱が早い

クックフォーミーは消費電力は900 W 。一般的な電気圧力鍋が600~700 W が多い中、圧倒的な火力で調理時間を短縮してくれるのも特徴です。

公式サイトより

デメリットは?

メリットばかり上げてきましたが、正直、デメリットは少ないです。唯一のデメリットは、

レシピの検索はダイヤルを回して順番に一つずつ探していくので、目的のレシピまで辿り着くのがちょっと大変だったりする。

レシピの検索はダイヤルを回して順番に一つずつ探していく

そのくらいでしょうか。

でも、メリットの方が大きいので、そのくらいなんてことない!と思えます。

出来上がった料理はどれも美味しい!

今回、プリン、ローストビーフ、肉じゃが、ビーフシチュー、豚の角煮をプロ並みの料理が仕上がるという印象です。

レシピの完成度がとても高く、本当にどれを作ってもおいしかったです。

ローストビーフ

特に、電気圧力鍋で作ると難しいプリンやローストビーフの仕上がりがとてもよかったので、レシピの完成度が高いと思いました。

 

もちろん、肉じゃがもビーフシチューも家族に大好評でした!!


肉じゃが

クックフォーミーの内臓レシピにしたがってつくれば、失敗なくおいしくできます!本当に魔法のような電気圧力鍋です。

【ひかりTVショッピング】
がすごく安いです。

【ひかりTVショッピング】
と楽天市場を比較すると3000円ほど安く、ポイントもついてお得でした。(2021-06-11現在です。)

ティファール クックフォーミー ホワイト 3L CY8701JP(1台)【ティファール(T-fal)】

価格:36,599円
(2021/6/7 15:43時点)
感想(3件)

 

コメント