ショップジャパンゆらころんのエクササイズ方法を試した口コミ

ゆらこりんお腹エクササイズゆらころん

コロナで一斉休校となり、自粛ムードの中、私もすっかり外出が減ってしまいました。

いつもならジムに通ったりするのですが、報道を聞く限り、ジムに足が向かず、体重も微増傾向です(汗)。

そこで、家庭でエクササイズできる、ショップジャパンのゆらころんを試してみました。

ゆらころんは座椅子のような形状で、お腹周りを手軽に引き締めるに役立つエクササイズ器具です。

背もたれにあたる部分が内側へのカーブが正しい姿勢へと導く。

実際にゆらころんを使ってみると、腹筋が苦手でも、ゆらころんがサポートしてくれるので腹筋がしやすいです。
いつもなら足を固定してとできない腹筋も、座って前後にゆらゆらするだけで、腹直筋上部を自重腹筋運動の約2.2倍動かすことができるというから期待しちゃいますね。

では、さっそく使い方を解説します!

 

ゆらこりんのエクササイズ方法

お腹を引き締めるための5つのエクササイズが実践できます。

お腹エクササイズ

こちらゆらころんの基本の使い方です。

1)両膝を立て座面に浅く腰をかけます。手は胸の前または頭の後ろで組みます。

ゆらこりんお腹エクササイズ

お腹をへこませて状態を丸め、ゆっくりと背もたれを後ろに倒します。背もたれは、ストッパーが床につく手前まで倒します。

ストッパーが着く直前が一番お腹に力が入ります。 写真ではわかりにくいですが、プルプルしています。

2)上体をゆっくり起こします。これを2~3回繰り返します。

脇腹エクササイズ

1)両膝を立て前に浅く腰掛けます。

うらこりん基本姿勢

 

2)お腹をへこませ状態を丸めたまま、 体を右へねじりながら後ろへゆっくりと本体を倒します。上体を左へねじりながら、ゆっくりと起き上がります。これを繰り返します。(ストッパーが床につく前まで)

ゆらこりわき腹エクササイズ

下っ腹エクササイズ

1)両膝を立て、座面に浅く腰掛けます。
ゆらこりん下っ腹エクササイズ
2)バンザイの姿勢でお腹を前に突き出します(骨盤前傾)。
ゆらこりん下っ腹エクササイズ
3)両腕を下げながらお腹をへこませ、状態を丸めるようにして骨盤を持ち上げます。(骨盤後傾)。

ゆらこりん下っ腹エクササイズ

普段使わず固まってしまった骨盤周りの筋肉を動かすのによいです。 基本の腹筋運動に加え骨盤運動も行うことで、更なるお腹引き締め効果が期待でるそうです。

体幹エクササイズ初級

ゆらころんの中でも一番鍛えられているのが実感できるエクササイズです。

1)両膝を立て、 座面に浅く腰掛けます。後方へゆっくりと本体を倒しストッパーが床についた位置でキープします。

ゆらこりん体幹クササイズ

 

2)お腹をへこませ丸めた状態のまま片方を交互にゆっくりと持ち上げます。

ゆらこりん体幹クササイズ

または両足を持ち上げキープします。

5つ目のエクササイズに「体幹エクササイズの(中・上級)」がありますが、同じ方法でします。座面に”浅く腰掛ける”→”深く腰掛ける”の違いしかなく、「体幹エクササイズの(初級)」ほとんど違いがありません。

ゆらころんを使ってみて思ったこと

今回紹介したゆらころんは、”ゆらゆらするだけ”で簡単に続けられるのがよいです。1つの器具で、腹筋、ねじり、体幹を鍛えるなど5つのエクササイズができます。

お腹回りを鍛えるための上体を丸めた状態が持続するように、ゆらころんは背もたれにあたる部分が内側にカーブしています。そのため、自然と正しい姿勢に導いてくれます。

隙間時間やテレビを見ながらでもすれば、無理なく生活の中に取り入れながらお腹回りが鍛えられると思いました。(翌日は筋肉痛を感じ、筋肉がしっかり使われていることを実感しました。)

サイズは、小さい座椅子くらいの大きさで、タオル1枚分の省スペースなので場所もあまとりません。

本体カバーはメッシュ素材で柔らかな肌触りです。ファスナーを取り外して、カバーは洗濯機で丸洗いできるので、汚してしまったり、汗をかいてしまっても安心です。

使っていてデメリットは特に感じませんでしたが、インテリアに合うブラウンなどカラーのバリエーションが増えてくれるとよいと思いました。

※こちらは商品提供していただいました。

コメント