ショップジャパンのイージーグリルで焼肉をすると本当に煙・油ハネが少ないのか?!

ショップジャパンのイベントで、イージーグリルを見てきました!

イージーグリル

実際に試食できればよかったのですが、
今回は、試食ができず、、、

でも、イージーグリルでお肉やお魚を焼いたときの、煙や油ハネの具合などを見てきましたよ!

イージーグリル

ショップジャパン公式通販はこちら

我が家もそうなのですが、マンションだと
焼肉をすると、匂いや煙が気になって、
自宅で焼肉をしない家庭も多いのではないでしょうか?

でも、時々は食べたいですよね!

煙が少ない焼肉の道具としておすすめなのがイージーグリルです。

家庭用の焼肉・焼き肉向け製品です。

煙が出ず、何よりも 煙・油ハネが大幅に減るというのが
イージーグリルの最大の魅力。

実際に、実演を見ている人たちも
煙が出ない~!!」と
感動していました。

本当に煙が出ないのですね!

油ハネも少なかったです。

なぜ、煙・油ハネが少ないかというと、

市販のホットプレートは、
下に熱源がありますが、

イージーグリル

イージーグリルは、上に熱源があるので、
直接、食材を加熱することで
煙がでない仕組みになっています。

赤外線で炭火焼きのようなおいしさ

「炭火焼き」のような赤外線直火調理を採用しています。
赤外線は、すばやく火を通すことで
うまみを閉じ込め、外はカリっと中はしっとりとした焼き上がりになります。

イージーグリル

上から加熱することで
下のプレートも温まり
下からも加熱でされるため、

イージーグリル

上下からサンドイッチするように加熱されることでうまみが閉じ込められ、おいしく仕上がります。

焼きムラが少なく焼ける360度回転プレート

回転寿司のようにプレートが360度自動回転することで
均一に焼けるようになっています。
どこに置いてもこんがりとおいしく焼きあがります。

イージーグリル

イージーグリルのように上から加熱するザイグルという類似商品がありますが、
家庭用の焼肉プレートはありますが、
回転式は、今のところ、ショップジャパンのみです。

ショップジャパン公式通販はこちら

余計な油が落ちてヘルシー

中央に向け傾斜になっていて、
余分な脂が落ちるため、
豚バラ、豚トロなど脂が多いお肉も、
胸焼けすことなくヘルシーに食べられます。

イージーグリル油落ち

焼肉大国 韓国で大ヒット商品です。

イージーグリルは、韓国ですでにヒットしている人気商品です。

韓国で2016年、複数の満足度1位ブランドに選出されました。

家庭で安全で使える工夫も

上部ヘッドは、スライドすると自動的に加熱が停止します。

イージーグリル スライド
中央に戻すと、加熱が再度始まる仕組みになっています。

イージーグリル
お肉を並べるときや、焼けた後にお肉を取りやすいように
スライドできるようになっています。

冷却ファン

グリルヘッドが熱くなりにくように工夫しています。

イージーグリル 冷却ファン

シリコンシーリング

うっかり鉄にさわってしまっても安全なように
シリコンシーリングが淵に沿ってついています。

イージーグリル

片付けは?

片付けが大変だと、嫌になってしまいますね。
片付けもラクにできる工夫があります。
まず、回転プレートは取り外しができ、丸洗いができます。

イージーグリル

油受けも取り外しができるので、片付けも簡単です。

別売商品

フラットプレート
フラットプレートは、チャーハン、お好み焼き、ホットケーキなど液状のものを焼くのに便利です。

ツインプレート

半分がフラットプレートになっているので、
お好み焼き、ホットケーキなど液状なものや、
グリルに適したお肉・魚など分けて焼くことができます。

収納バック

セット一式まとめて収納できる収納バックです。
イージーグリルがすっぽりと収まるバックです。
持ち手がついていて移動させやすいので、便利です。

イージーグリルプラスとイージーグリルは何が違う?

イージーグリルプラスの新しいバージョンのイージーグリルの違いも聞いてきましたよ!

操作パネルの部分が違うだけで、ほかの機能はすべて同じです。

イージーグリルとイージーグリルプラスの違い

イージーグリルプラスは、操作パネルが電子パネルになっていますが、
イージーグリルは、使いやすいダイヤル式になっている点が違います。

イージーグリルはこんな人におすすめ!

  • 焼肉や鉄板焼きはすきだけど、部屋にニオイが残るのがイヤ。
  • 床やテーブルが油ハネでキトギトになりるのが嫌
  • 余計な油を落として、ヘルシーに食べたい
  • 炭火のようにおいしく焼ける調理具が欲しい

ショップジャパン公式通販はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする